格安SIMは中古スマホで利用できるのか

大手の携帯電話会社でこれまでスマホの契約をしていたという人が、格安SIM会社に乗り換えて、月々の支払いをスマートにしているというケースがとても多くあります。魅力が沢山ある格安SIMですから今人気があります。

格安SIMに乗り換える際、もともと月々の料金が安いのはもちろんなのですが、中古スマホをそのまま持ち込んで契約をすれば端末代金が必要ありませんので、さらに料金を抑えることが可能です。中古スマホは使えます。

今持っているスマホをそのまま使って契約をする方法

格安スマホを持つときに、格安SIMと一緒に格安スマホも新しく購入すれば、値段が月々少し上がってしまいますので、中古スマホをそのまま使うと値段を抑えることができます。中古スマホは自分がこれまでに使っていたものでもいいですし、中古スマホを別に購入して使うという方法でもいいでしょう。格安SIMの料金はだいたい1000円弱の値段です。ですから本体のスマホを中古スマホにすれば毎月1000円弱でスマホを持つことが可能になるというわけですね。

中古スマホを利用する際の注意点

中古スマホを利用する際には注意点があります。大手の携帯電話会社から出されているスマホにはSIMロックというロックがかかっています。そしてロックがかかっていないものはSIMフリーと呼ばれています。SIMロックがかけられていると、スマホとシムカードが一緒の会社でなければ利用することができないのです。ですからドコモをお利用していたなら格安SIMではmineoか楽天モバイルという事になりますし、auの場合には、mineoかUQモバイルという事になるでしょう。

SIMロックのかかっていないスマホについて

SIMロックがかかっていないスマホもあるのですが、それには2種類あります。もともとロックがかかっていないものもあれば、SIMロックを解除したスマホというものがあります。SIMロックを解除させれば格安SIM会社を選ぶ際の選択肢が増えますので、現在持っている機種がSIMフリーでなかったとしてもロック解除で選択肢の幅は広がるでしょう。しかしロックがかかっているからと言ってロックを解除すればすべてがOKというわけでもなく、SIMカードと本体との相性もあるようですので、中古スマホを利用して格安SIMを持とうと思っている人は本当に自分が持っている本体で、カードが使えるかどうか、契約をする前に調べたほうがいいのかもしれません。あとで使えなかったという事になると大変ですので、しっかりと調べた上で契約をしましょう。