格安SIMでも二年縛りはあるのかについて考える

携帯電話やスマートフォンの契約の中で気になるのが「二年縛り」でしょう。
今人気の格安SIMを利用する場合にもそうしたシステムがあるのかについて知っておくと、これから利用を検討している方にも満足利用をしていただけるでしょう。

携帯電話やスマートフォンを利用した経験がある方であれば「二年縛り」がネックになったという声も少なくありません。
だからこそ、こうした縛りから解放されたいという風に思う方もまたおいでのことでしょう。
そこで、ここでは格安SIMを利用する場合にもこうした縛りがあるのかどうかについて考えていくことにしましょう。

格安SIMを利用しても二年縛りは存在するのか

一部例外はあるものの、格安SIMにおいても「最低利用期間」というものが存在する場合があるのです。
例えば、音声通話付きのSIMなどはこれが該当することが多いでしょう。
また、データ通信専用のSIMにおいても同じ事が言えるのです。

その間に解約をするとどうなるのかという部分についてですが「違約金の発生」が考えられます。

利用最低期間の存在について

さて、先に触れた最低利用機関の存在ですが「どの程度の期間なのか」が気になるところでしょう。
答えから言えば、会社によって異なってきます。
平均的な数字を考えると半年から1年の間で設定されているものが多いでしょう。

最低利用期間が設けられていない格安SIMはないのか

最低利用期間が設定されていない格安SIMも存在はしています。
しかし、これを利用する場合に事前に把握していただきたいことがあるのです。
それは、利用期間の設定が無く解約時の違約金もしくは手数料はかからないものの「短期間での転出手数料が高額設定されている」というタイプです。

具体的な違約金について知る

解約をする場合に生じる違約金ですが、いったいどのような価格になっているのでしょうか。
この要素に関しても、会社によって異なってきます。
平均的な価格を見ていくと、6000円から9800円もしくは、最低利用期間から利用月数を引いたものに1000円をかけたものなどというのが一般的であると考えるとよいでしょう。

三年縛りもある格安SIM

中には大手キャリアよりも期間が長い「三年縛り」というプランのものもあります。
ですから、十分に比較検討をし納得をしたうえで取り入れていただくことをお勧めしたいのです。