格安SIMを中古スマホで利用できる状態に設定してみよう

格安SIMを利用する上において中古スマホを用意したという方も少なくありません。
スムーズに利用をしていただくためにも、その設定についてのポイントを知っておくことをおすすめしたいと思います。

格安SIMは安く通信を行いたい方などに対応できるものといえるでしょう。
少しでもコスパを下げるためにも中古スマホを利用したいという声もまたあるようです。
そこで今回は、その利用方法などについて見ていくことにしましょう。

格安SIMをさす

中古スマホのみを購入した場合、確認しをしていただくとお分かりになるかと思いますが、SIMカードが挿入されていません。
このSIMをさすところから始めていきましょう。
これが無いと通話や通信といった昨日が使用できません。

SIMカードについては「標準SIM」「マイクロSIM」「ナノSIM」の3種類が流通していますのでこちらについてもあらかじめ合うかどうか確認をしておきましょう。

初期設定をする

格安SIMをさしていただいたあとは初期設定です。
まずは電源を入れていただきます。
すると、初期設定の画面が表示されるかと思いますので、順番に設定を進めていただきたいと思います。

ポイントとしては「Wi-Fi設定」「アカウント設定」「セキュリティ設定」です。

Wi-Fi環境があれば設定をしましょう。
アップデートをしていただく必要もあるかと思います。

アカウントについてはgoogleアカウントの設定です。
最初に設定をしておくことによつて、バッグアップから復元が可能・メールなどの設定も完了すればすぐに使用ができます。

セキュリティについてですが、安全性を守るためにも最初に行っていただきたいと思います。

APN設定について

APNは「アクセスポイント」であり、購入した会社の意と似て背って確認をしましょう。
パッケージ内に記載されていることもありますが、中古ですと情報が古い場合もありますので公式サイトもしくは検索などから辿っていただくのが良いかと思います。

端末ごとの設定をしてみよう

端末によってさまざまな機能が用意されているかと思います。
これらもあらかじめ設定しておくとより快適に利用をしていただけるかと思います。
指紋認証機能などがあればそれらも設定をしておくのが良いでしょう。
また、意外なポイントに「マナーモード」があります。
通知音がなってしまいなかなか消すことが出来なかったという方も多いのでまず設定しておきましょう。