格安SIMは二年縛りは無いが、最低利用期間という縛りは存在する

大手キャリアのスマホを契約すると二年縛りと言って、その間に解約をすると解約手数料を支払うことになるわけです。それに対して、格安SIMの場合は二年縛りのように縛りはきつくないですが、最低利用期間という緩やかな縛りが存在します。

スマホの契約を変更したい時にネックになるのが二年縛り及び解約手数料ではないでしょうか。二年縛りとは少なくとも二年間は契約を継続しなければいけないという縛りのことで、その2年間で解約をすると解約手数料が相当かかります。それがネックとなり、新しい機種に変えることができにくくなるわけです。格安SIMの契約をする時にはこの二年縛りというのは存在するのでしょうか。

二年縛りは無いが最低利用期間は存在する

大手キャリアであれば二年縛りといって、二年ごとに契約を結ぶという形式がほとんどです。もし解約するのであれば、二年経過後の二か月間に解約するというのが一般的です。この期間に解約すれば違約金が発生しません。この二か月間が経過するとまた二年縛りに関わってきます。なぜこんなことになっているのかというと、二年縛りを前提として通信費などが決まっているからです。

格安SIMの場合はこの二年縛りと呼ばれるようなことはありませんが、最低利用期間という縛りは存在します。最低利用期間が存在しないところもありますが、多くの場合は6か月から12か月の間で設定されていることがほとんどです。最低利用期間中に解約をすると、大手キャリアと同様に解約手数料が取られますので注意してください。

ただ、最低利用期間が経過したら、これからずっと解約手数料はかからなくなりますので、縛りとしては緩いでしょう。また、自動更新が行われるというわけでもありませんので、大手キャリアに比べると不自由なわけではありません。

無料で解約できる期間を調べておく

大手キャリアと違って、格安SIMの場合は二年縛りという仕組みは存在しませんが、ただ最低利用期間という縛りがありますので、もし解約して格安SIMに乗り換えたいのであれば、無料で解約できる期間を見計らって手続きをしたほうがいいです。格安SIM同士で乗り換えをする場合も同様になります。

格安SIMは二年縛りが無いからと言っても、無料で解約できるのかというとそういうわけでもありませんので、無駄な出費を抑えるという意味でも解約手続きの時期については十分に気を付けてください。場合により、キャンペーンなどをうまく利用すれば違約金を払っても、安価で乗り換えが可能なこともありますので、よく状況を見定めてください。