いま人気のSIMカードのこと

SIMと携帯電話
今やキャリアのスマートフォンを凌ぐ勢いの格安スマホ、これから利用を予定している方もいるでしょう。
格安スマートフォンは、利用料金、スマートフォン本体が安いことで人気があります。
しかし、購入前にある程度の理解も必要です。

SIMカードについて

格安スマホは利用料金が安いなど、利用するメリットが多いのが特徴です。
そのため、これから利用する人も多いと思います。
しかし利用する前に、最低限知ってもらいたいものがあります。
それが「SIMカード」です。
格安SIMという言葉は良く聞くことはありますが、SIMカード自体の知識が曖昧な人も多いのではないでしょうか?
SIMカードというのは、スマートフォン、携帯電話、タブレット端末などの中に設置されているICカードを言います。
このカードは、ドコモ、au、ソフトバンクカードなど、キャリア回線を利用する時に必要です。
まずはしっかり頭に入れておいてください。
不明な点は、インターネット上にある、「おすすめの格安SIMと格安スマホ」を参考にしてください。

カードの種類

格安スマホを利用する場合、最低限SIMカードを理解しておいた方がいいでしょう。
このカードは、大きく2種類に分類できます。
1つめは音声通話が付いたカードで、現在大手キャリアを利用している人の多くが該当します。
音声通話が付きは、データ通信や音声通話に必要です。
そしてもう1つは、データ通信専用のカードです。
こちらは主に、インターネット、メール、アプリの入手時に必要です。

「おすすめの格安SIMと格安スマホ」

格安スマホを利用する場合、事前にある程度の知識が持っておいた方が何かあった時に便利です。
その中でも最低限覚えてもらいたいのが、「SIMカード」です。
上記で説明していますが、インターネット上の「おすすめの格安SIMと格安スマホ」サイトも参考にしてみてください。

SIMカードにはどんなメリットが?

スマホを使うイメージ
子供から大人まで、幅広い層に人気があるのがスマートフォンです。
そしてスマートフォンの中でも人気があるのが、格安なスマートフォンです。
大手キャリアのスマホと比べてとても安いのが魅力ですが比較してみるとデメリットもありますので確認しておいてください。

機種代金の高さ

大手携帯キャリアのスマートフォンと比べ、利用料金が安いのが格安スマホです。
使い心地に満足する人も多いので、利用者が多いですが、デメリットもあります。
このデメリットの一つが、機種代金の高さにあります。
大手3大キャリアの機種代金と比べて、相対的に高いのが特徴と言えます。
スマートフォンをキャリアで購入する場合、機種代金が割引されることが多いです。
それらの料金と比べ、格安スマホは端末費用全額が利用者の負担になります。
携帯電話会社の中にはキャンペーンなどを行っているところもありますが、それを考慮しても初期費用は高いのが現状です。
全体的に見るとキャリアよりも安くなりますが、初期費用を重視する人には向いてないかもしれません。

通信速度の遅さ

格安スマホのデメリットとしては、通信速度の遅さも挙げられます。
スマートフォン利用者にとって、この通信速度はとても大切な指標ではないかと思います。
以前と比べて格安スマホの通信速度はある程度上がってきていますが、それでも大手3大キャリアには敵いません。
例えば大手キャリアのスマートフォンで20Mbps程度の速度が出ていても、同じ場所で10Mbps程度しか出ない場合が多いです。
早い会社でその程度ですので、もっと遅くなると5Mbps前後になる場合もあります。
その中には同じ条件で1Mbpsを切る会社もあるようですので、スマホの速度を重視する人は注意が必要です。

通話料金の高さ

通話料金の高さ、これも格安スマホのデメリットだと言えます。
大手3大キャリアは、「カケ放題」や定額通話制などのサービスがあります。
毎月の利用料金は高めに設定されていますが、通話料金は定額なので長時間通話をする人にはメリットがあります。
しかし、格安スマホには定額通話などのサービスはありません。
そのため、長電話をすると利用料金が高くなる場合がありますので注意が必要です。

総合的な判断を

大手3大キャリアと比べ、格安スマホには様々なデメリットがあります。
魅力的な面もありますが、購入する場合は総合的に判断して決めるようにしてください。
自分に合ったものを選ぶのが一番です。